C++講習/環境構築

概要

多くのPCでは、プログラミングのための環境が整っていません。
今回は、Visual Studioという開発環境を用意します。
物理部のPCを使う場合は、すでに用意されているので、インストールはしなくて構いません。

重要語

Visual Studio

今回利用する開発環境

プロジェクト

プログラムをまとめるための箱

必要語

今回の必要語はありません。

Visual Studio

開発環境とは、プログラムを書くのに必要なツールがまとめられた大きなアプリのことです。
Visual Studioは、Microsoftが提供している開発環境です。

ダウンロード

Microsoftのサイトから、Visual Studioをダウンロードしましょう。
Visual Studioと検索し、コミュニティ版をダウンロードしてください。

Visual Studioのインストール

ダウンロードされたファイルを起動します。
このとき、ユーザーアカウント制御が表示されたら、はいを押してください。
ライセンス条項とプライバシーに関する声明を読み、続行すると、インストールが始まります。

C++用機能のインストール

Visual Studio Installerが自動的に起動するので、ワークロード欄の「C++によるデスクトップ開発」を選択してインストールしましょう。
インストールするフォルダを変えることもできますが、PC本体に入ってさえいればあまり気にしなくてもよいです。
インストール後、指示に従って再起動すると、インストールが完了します。

プロジェクト

プロジェクトとは、書いたプログラムなどをまとめて入れておく箱のようなものです。
通常、アプリケーションを1つ作るごとにプロジェクトを作ります。

Visual Studioの起動

スタートメニューを開き、Visual Studioを起動します。
ライセンス認証を要求されるので、マイクロソフトのアカウントで認証します。
物理部のPCなら物理部の、個人のPCなら個人のアカウントを使ってください。

プロジェクトテンプレート

認証後、「新しいプロジェクトの作成」を押します。
ただし、以前に作ったプロジェクトを引き続き使う場合には、「プロジェクトやソリューションを開く」を選択します。
次の画面では、プロジェクトテンプレートを選択します。
これは、プロジェクトによく使われるファイルをまとめたものです。
プロジェクトに必要なファイルをコピーする手間が軽減されます。
ここでは、「Windows デスクトップ アプリケーション」を選択して「次へ」を押しましょう。

プロジェクトの作成

この画面では、プロジェクトの名前などを設定します。
プロジェクト名と場所は変えなくてもよいですが、変える場合はわかりやすくしましょう。
なお、場所にはプロジェクトが保存されるフォルダを指定します。
また、ソリューションは、プロジェクトをまとめるさらに大きな箱のことです。
ここでは変更しなくてもよいです。
それでは、「作成」を押しましょう。

プロジェクトの編集

プロジェクトは、プログラムを書き足して完成させます。

ファイル操作

プログラムはファイルに書き込んで保存します。
プログラムを書き込むファイルを追加したいなら、左上の「ファイル」から「新規作成」「ファイル」を選んでください。
また、プログラムを編集した後には、同じく「ファイル」から「すべて保存」してください。
なお、プロジェクトに含まれるファイルは右側に表示されており、ダブルクリックで開くことができます。

プログラム実行

さて、最後に、プログラムを実行してみましょう。
プロジェクトの作成時に、長いコードが自動生成されているはずです。
F5キーを押すことで、プログラムを実行できます。
環境によっては、Fn+F5かもしれません。